福山市のホームページ制作会社リーンデザインオフィス株式会社

SEO対策Search Engine Optimization

SEO、SEO対策とは

SEOとは、検索エンジン最適化”Search Engine Optimization”の頭文字を取った略称です。
検索エンジンとはグーグルやヤフーといったインターネット上の情報を検索するシステムのこと。
その検索結果でホームページがより上位に表示されるための取り組みを”SEO対策”と呼びます。

検索エンジンの種類

2018年3月〜2018年3月の日本での主要な検索エンジンは以下のようになっています。

グーグル(Google) ヤフー(Yahoo!) ビング(bing) バイドゥ(Baidu)
75.29% 21.74% 2.25% 0.32%

参照元:http://gs.statcounter.com/search-engine-market-share

ヤフー検索結果の中身はグーグルの検索結果のため、日本ではグーグルへのSEO対策をしておけば約97%のシェアの対策をしていることになります。
弊社でもSEO対策はグーグル対策と考えています。

グーグルへのSEO対策で何をすればいい?

SEO対策はグーグル対策となります。
では、グーグルに対する対策は何をすればよいのでしょう?

グーグルでは、SEO対策の基本をホームページで公開しています。まずこれを理解しましょう。

検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド

また、グーグルは高品質な記事をつくることが必要だとしています。
高品質な記事の考え方もグーグルはホームページで公開していますが英語のみです。
電通が翻訳しているので、こちらが読みやすいでしょう。

Google 品質評価ガイドライン解説(2018年7月版)

これらの情報からグーグルの意図を汲み取りホームページに反映させることがSEO対策となります。

SEO対策の重要性について

SEO対策をおこない、実際に狙ったキーワードで上位表示することで効果は上がるのでしょうか?

検索結果の2ページ目と1ページ目では約10倍の流入数(検索結果がクリックされる回数)があり、1ページ目でも、検索上位3位とそれ以下では約3倍の流入があるという調査結果があります。
すべてのキーワードで同じ結果になるわけではないですが、検索結果の上位表示により、検索エンジンから多くのアクセスを得ることができます。

SEO対策の種類

SEO対策の種類は大きく分類すると「内部対策」と「外部対策」の2つになります。

内部対策SEO

主にページ内記事の内容とページ間のリンクの貼り方の対策となります。ページ間のリンクは内部リンクと言われます。
ページ内記事は、ユーザーの検索意図を充分に満たした内容として、それを検索エンジンに伝えるため、タイトルや見出し、その他、人の目に見えないソースコードを調整します。

外部対策SEO

外部対策SEOは、自社ホームページに対して、他のホームページからリンクを貼ってもらうことです。被リンクや外部リンクと言われます。
検索エンジンが『高品質』とみなしたホームページからのリンクは検索順位アップに効果があります。

SEO対策のトレンド

古いSEO対策

・人の目に見えない部分にキーワードを多く入れる
画面に見えない部分(ソースコード)に、対策するキーワードを多くいれる手法です。
現在では効果のないだけでなく、ペナルティの対象になり順位が下がります。

・被リンクを多く受ける
被リンクとはホームページにリンクを貼ってもらうことです。
被リンクは現在も有効ですが、被リンクのために自分でホームページをつくり、そこからリンクを貼る方法(自演リンク)や、ホームページの内容と関連しないページからのリンクは、ペナルティの対象になります。価値のあるホームページからのリンクを得る必要があります。

・多くの記事を書く
とにかく毎日ブログを書くと、様々なキーワードで検索されてアクセスアップする手法です。
多くの記事を書くことが悪いわけではありませんが、多くの記事を書くことで記事の内容が重複してしまったり、ホームページ全体が何を専門にしたものなにかが検索エンジンに伝わらないと、ホームページの評価が下がり、検索順位が下がります。

現在のSEO対策

・ユーザーの検索意図を充分に満たし、満足させる記事を書く
ユーザーが何を求めて検索しているか、その意図を充分に考えて、ユーザーが検索した目的を解決する記事を書くことが大事です。
また、目的の解決にとどまらず、さらなる提案ができる記事が求められています。

・適切なページ数で記事を書く
ユーザーの検索意図を読み解き、その解決方法を網羅的に書くことが大切な反面、検索意図に対して必要のない情報があると評価が下がります。
ユーザーにとって不必要な情報は省くことも重要です。

最新(2019年)のSEO対策

グーグルの検索システムのアップデートにより、専門性、信頼性、権威性のないホームページは順位が上がらなくなっています。
逆に順位を上げているのは、専門家や企業など信頼を受けている個人・団体がつくるホームページの記事です。
そのため、企業にとってSEO対策は非常に有利な状況にあります。

SEO対策とネット広告(リスティング広告)の違い

検索エンジンからホームページへの集客方法として主な方法が「SEO対策」と「ネット広告(リスティング広告)」です。
リスティング広告とは、検索連動型広告で、ユーザーの検索されたキーワードの検索結果に表示される広告です。

ネット広告

通常、検索結果の上位にホームページ表示するためにはSEO対策をおこないます。
一方、ネット広告は、広告費用を支払うことで検索結果の上位にホームページを表示することができます。

SEO対策とネット広告は以下のようなメリット・デメリットがあります。

  SEO対策 ネット広告
メリット ・費用がかからない。 ・入札単価の調整によって、必ず上位表示できる。
・開始すると、すぐに上位表示される。
デメリット ・上位表示までに時間がかかる。
・上位表示される保証がない。
・費用がかかる。
・SEO対策に比べて

おすすめは、まずSEO対策をはじめて、上位表示されるまではネット広告を利用し、検索結果で上位表示させる。
SEO対策が効果が出始め上位表示できるようになると、ネット広告を中止する方法が効率よく集客出来て効果的です。

既存ホームページのSEO対策について

既存のホームページにSEO対策をおこない上位表示を狙う場合、サイト設計やコンテンツの追加・削除、ページ間のリンク調整で対応する方法が主になります。
その内容は、狙うキーワードや競合により変わってきますので、一度ご相談ください。

お問い合わせ

お問合せ・ご相談をお気軽におよせください
  • 狙うキーワードで上位表示できるか知りたい。
  • SEO対策を教えて欲しい。
受付時間:平日10:00~17:00